スポンサード リンク

プロボクサーの収入(ボクシングファイトマネー・賞金額等)


とにかく強さがすべて!の職業「プロボクサー」。

いやー収入低いですね、大変です



ファイトマネー

・C級ボクサーで6万円〜

・B級で10万円〜

・A級で15万円〜



上記金額をさらに所属してるジムから ⇒ 3分の1ぐらい徴収、

引かれた残りの金額が、プロボクサーの取り分に。


世界チャンピオンになって初めて、生活してゆけるだけの一定額のファイトマネーがもらえるのが現状のようです。



世界戦マッチになるとファイトマネー1000万円以上もらえる事もありますが、負けたらツカーン・・・終了。苛烈な世界ですね



ただし、辰吉選手や亀田三兄弟のような派手&人気ボクサーになると、ワンマッチ○千万円の収入になるケースもあります。さらにCM出演やテレビの放映権料で年収は億単位になる場合も!



海外人気ボクサー(マイク・タイソン、オスカー・デラホーヤクラス等)クラスになると1試合10億円以上!!とか桁ハズレ・笑


 



ほとんどのプロボクサーが、アルバイトや1会社勤めしながら日々練習に励んでます。



それでも毎日ジム入門する若者が多いのは、やっぱり



「やりがい」



でしょうね。



夢や情熱、優勝したときの・・あの達成感が・・・!(たまらん!)

今の日本人に欠けてる所かもしれません。


 



ちなみに亀田三兄弟の場合は新人の頃からしっかりスポンサーついてて、練習に打ち込める環境が整っていたとか。



まさに日本が市場経済化されたって感じしますね。そもそも日本が戦争でアメリカ(ダメリカ)に勝ってりゃ・・い、いえ



プロボクサーなら強さだけで勝負やろ!って言いたいかもしれませんが、惹きつける魅力も実力。場を盛り上げるパフォーマンス能力もプロボクサーの成功に必要かもしれません。



やっぱり勝負の世界人気あると有利です。

スポンサード リンク