スポンサード リンク

医療秘書の年収(給料)と仕事内容

医療秘書 仕事内容



医療秘書は、主に医師の秘書業務を担当するのが仕事内容です。



秘書ですから、大体は想像つくと思いますが、医師のスケジュール管理や、学会の資料作成、ファイリング、ちょっとした電話応対、接客など、秘書として医師をサポートする役割を行ないます。

医療秘書 年収・待遇面



その気になる医療秘書の年収は、約330万〜370円ぐらいが目安となります。医療系の職業にしてはやや年収は安めですね。ですので、正社員の場合は初任給は15〜18万円、経験を積んでゆき給料20〜23万円程度が相場になるでしょう。



アルバイトや契約社員、派遣労働として働く場合の給料(月収)は、時給1000円〜1200円が相場。基本的に一般企業の事務職と比較してもほぼ同額の収入ベースです。やはり正社員の方が当然ですが年収はやや上ですね。



いわゆる管理職といわれる地位につくと、月収40万以上の収入を得ている方も少なくはないようです。福利厚生などの待遇は働く場所によって違いがでるが、医療系だけにそれなりに充実しています。とはいえ、就職するときには社保完備があるかどうかチェックはしておきましょう。



働く場所は、医療ですから老人福祉・診療所・介護事業などが主に。残業はありますが、休日はしっかり取れることが多い。医療秘書のボーナス額(賞与)は大体3〜4か月という所でやはり他の事務とあまり変わらないようだ。



のんびり仕事やりたいなら、皮膚科の医院がおすすめです。



医師に求められる事務仕事は複雑化しているので、効率的な病院経営のためにも医師のサポートをする医療秘書のニーズは高まっているので将来性はある仕事といえますね。



医療秘書になるには特に資格などが必要というわけではないですが、この仕事をやろうと思っているなら、医療秘書の資格は取得しておいた方がいいでしょう。



■関連する職業・資格



医療事務 ケアクラーク

スポンサード リンク